おいらは絵を描く時にはまずラフをスキャンして、PhotoShopのパス描きで線を引いたりしているのですが、正直パソコンでの作業は目がちかちかして困る今日この頃です。
しかも作業ペースも速くないですし…


そんなワケで、久しぶりにトレース台を引っ張り出そうと思っていたら、どうやら実家に置いてあるらしい。
とはいえ、もともと写真用のネガスキャン台だったので、一念発起してちゃんとしたモノを買おうかなと思ったのですが、この時間(21時)だと完全に出遅れた感じ。
この時間でも間に合うヨドバシにはないようですし…

mixiでいろんな人にトレース台のことをいろいろと教えて貰ったのですが、大きさなのか、光源なのか、薄さなのかで選ぶ基準がまちまちなのだとか。
ちょっとまとめてみました。


◆全般
・青白い蛍光灯はトレースしにくいので暖色の使ってるやつがいいですね。

◆らんぷシート
・明るさが均一
・場所をとらないことが利点。とにかく薄い
・光量が足りない
・長時間使ってると熱で反り返ってくる
・ACアダプタがうるさい(高周波)

◆バンコ(VANCO)
・安価
・作りが雑?

◆コアデオリジナル
・重い
・外枠とトレースするための板との間に2~3ミリの隙間と段差があるので最悪

◆I.C アルティプロ
・安価
・値段通りの出来だがそこそこ使える
・ばらしてみると中身が雑過ぎ。値段以下の印象も受ける。

◆Too
・安価
・思ったよりも柔らかいので描きにくい

◆アートカラー
・A2アートカラーの使い勝手が最強(でも場所を取る)
・角度付がしっかりしていて描く時も疲れない
・実売価格はそんなに高くない

◆マクソン
・全面発光
・高い


やはり、「百聞は一見にしかず」という諺もあるので、明日にでも秋葉原のとらのあなかアニメイト、もしくはお茶の水の画材屋に行ってみようかしら…と思っています。

いいモノが見つかると良いのですが…


◆関連日記
トレース台が欲しくなる。
結局トレース台購入。


アダルト美少女ゲーム

※当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。