たくさんのサイダーを飲んだ今回のサイダー飲み会。
そろそろおなかもいっぱいになってきました。
最後であれば、ラスボスのようなサイダーを…というワケでこちらのサイダーを開けてみました。


北海道昆布サイダー。

北海道昆布サイダー(330ml・200円)。
もう見るからに危険な感じが漂っています。
発売元はノース・クレールで製造元は小原。
北海道の面白いサイダーといえばこの会社なので、おいらは飲む前に覚悟完了です。

唖然覚悟はいいか? 俺はできてる!

早速開けてみると、昆布の香りというか磯の香りが広がります。
そしてグラスに注ぐととろっとした液体が…
まさに昆布です。
そして飲んでみると、まさに昆布の味と香りがするサイダー!
ちょっと塩味が入っているのは、海を意識したのでしょうか。
後味に潮の香りが鼻に抜ける感じで、まさに昆布の味。
なんというか、とろろ昆布がかかったおにぎりを食べているかのような味。
そのせいか、サイダーというよりも昆布ジュースを飲んでいるかのような感じになってしまって、逆に美味しく飲めてしまいました。

サイダーということを忘れてしまうぐらい昆布味…
まさに昆布サイダーでした。



◆関連日記
第2回我が家でご当地サイダー飲み会。

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。