今回の大阪旅行で絶対に買っておきたい土産物がありました。


551蓬莱の豚まん。

それは、大阪土産の定番、551蓬莱の豚まん。
持ち帰り商品はチルド販売のみのため、痛まないようその日のうちに帰らないといけません。
前回の大阪旅行では帰りの手段は高速バスだったため、家に帰るまでに悪くなってしまうので断念。
そのため、今回は新幹線で帰るので念願の551蓬莱の豚まん購入だとテンションが上がります。


551蓬莱のクーラーバッグ。

551蓬莱の豚まんといえば、このクーラーバッグが印象的です。
もちろん紙袋でもいいのですが、赤文字の551蓬莱のマークが入った手提げバッグを持っている人がいると、明確に大阪帰りだとわかるブランド力があります。


正しい方法で蒸かします。

大事に持ち帰った551蓬莱の豚まんを早速いただきます。
せっかくなのでただ電子レンジで温めるのではなく、551蓬莱が推奨する温め方で食べてみました。

やや窪みのある皿に水を入れた後、皿に箸を引いて、その上に豚まんを乗せます。
さらにキッチンペーパーをかけた上からラップで軽く包んでから暖めます。
手間が掛かるけれど、せっかくなので美味しく食べたいのでやってみました。
すると…


やはり美味い。

唖然美味い!

玉ねぎと豚肉の甘さが口の中で広がり、かつジューシーな豚まん。
さすが551蓬莱の豚まんです。
電子レンジで温めたので温度が心配でしたが、固い所や冷たい所もなく美味しくいただけました。

関東にいるとなかなか食べる機会がない551蓬莱の豚まん。
あかり姉さんへの良い土産物になりました。


551蓬莱のシュウマイ。

また、せっかくの持ち帰りなのでシュウマイも買ってみました。
シュウマイといえば関東では崎陽軒のシウマイが有名ですが、果たしてどうでしょうか。


551蓬莱のシュウマイも美味い。

温めて熱々のシウマイということもありますが、豚肉のうま味たっぷりのシュウマイ。
崎陽軒のシウマイにも負けず劣らず美味しいものでした。

そして食べ終わって気づいたのは、部屋の中が一面中華まん臭に包まれたこと。
美味しいだけに匂いも強烈。
新幹線内で食べたら臭って危険なので駅ナカ販売ではチルド販売のみなのかしら…とも思ったおいらでした。


◆関連日記
青春18きっぷで大阪近郊の駅スタンプ巡り旅【551蓬莱の豚まん篇】

タグ: 【中華まん関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。