JR琴平駅。

琴電琴平駅の近くにあるJR琴平駅。
洋風建築なのはJR日光駅などを彷彿とさせます。
ここから土讃線を走る特急南風に乗って高知駅まで向かいます。


アンパンマン列車。

特急南風は一部列車が「アンパンマン列車」として運行しているので、今回の旅行でそれに乗れるか期待していたのですが、残念ながら今回はアンパンマン列車には乗れずじまい。
途中1度だけすれ違いましたが、残念ながら上手く撮れていませんでした。
漫画家のやなせたかし氏が高知県香美市出身ということもあり、それにちなんでかJR四国ではアンパンマン列車やアンパンマンスタンプラリーなど、アンパンマン関連のものをちらほらと見かけます。


坪尻駅(撮影失敗)。

ここ土讃線には秘境駅マニアにはたまらない駅が2駅もあるという…
1つ目は坪尻駅。徳島県と香川県の県境にあり、人はまず降りないような秘境にあります。
そんな雰囲気が受けるのか、週末には鉄道ファンが訪れることも少なくないのだとか。
「鉄子の旅」で取り上げられたり、松山せいじさんが一時期ブログのトップ画像にしていたほど、鉄道ファンには知られた駅です。
今回は特急南風の車内から眺めるだけでしたが、ちゃんと駅方面に座っていたためしっかりと見ることができました。
さすがに平日ということもあり、ホームには誰もいない状態でした。

また、土佐山田駅の1つ手前にある新改駅もまたスイッチバック駅で、こちらも車内から見ることはできましたが撮影することはできませんでした。
そんな秘境駅をおいらが興奮気味に見ていると、あかり姉さんがずばり「あんな無人駅に降りたがる人の気が知れない」と。

唖然確かに、駅周辺に何もないからなぁ…

「駅自体が目的地であって観光地である」と言いたいけれども、わかる人にしかわからない趣味になってしまうので、こればかりは好き好きかもしれません。


高知駅。

途中、眠くなってきたのでうとうとはしていたものの、なんだかんだで沿線を見ようと殆ど起きていたおいら。
そうしているうちに、高知駅に到着しました。


◆西日本パスでぶらり旅
西日本パスでぶらり旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。