最近いろいろと取り上げているサイダーですが、ようやく全部取り上げられそうです。
最後に残ったのは、佐賀県の地サイダーと長崎県の地サイダー。
それぞれ、飲んでみたいところです。


テンザンサイダー。

まずは「103サイダー」と書いて「テンザンサイダー」と読むサイダー。
価格は188円で、佐賀県の七田酒類販売という会社から発売しています。
ネットでちょっと調べてみたけれど、数年前から発売しているものの、あまり全国での知名度は低いみたいです。
はたしてどんな味だろう、と飲んでみたところ…

唖然すごい特徴的な味だ…

なんでしょうか。酸味の後に甘さがやってくる、ちょっと面白い味です。
でもこの酸っぱさはなんだか懐かしさも感じるなぁ…なんだろうと思って成分表を見てみたら…

「すだち」+「はちみつ」。

唖然なるほどなー

この組み合わせでこんな面白い味になるのか!
個人的にはお気に入りですが、ちょっと甘ったるい感じのサイダーではありました。


小粋なサイダー。

続いて長崎県壱岐市の地サイダー「小粋なサイダー」(198円)。
「小粋」と「壱岐」をさりげなく引っかけています。
壱岐焼酎協業組合という酒造組合が開発した、壱岐産赤紫蘇を使用したサイダーです。
真っ赤な色は着色料ではなくて赤紫蘇の色なのだそう。
早速開けてみると…

唖然紫蘇の香りがきついなぁ…

これもまた紫蘇の香りが漂うサイダー。
さて味の方は…

唖然紫蘇味が結構強い…

紫蘇の香りと紫蘇の味がしっかりと出て、確かに美味しいです。
しかし、ちょっとくどいぐらいなので、紫蘇が苦手な人にはきついかも。
まだ「ペプシしそ」の方が飲みやすい…そんな感じです。
ちょっと大人の味のサイダーでした。

本当、知らないサイダーがどんどん生まれていますね…
日本もまだまだ広いです。


※関連日記
イトーヨーカ堂のラムネの誘惑2009

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。