紅葉を求めて国道121号線を北上して、福島県に入りました。
さらに進んでゆくと道の駅があったのでいったん休憩します。


会津西街道 道の駅たじま。

会津西街道 道の駅たじまで飲み物を補充したり、トイレ休憩をしたりといったん休憩。
国道121号線沿いには意外と店が少ないのでとても重宝します。
さらに進んでゆくと、会津鉄道の線路沿いに走ってゆきます。
電車が見えるかな…と期待していたけれど、あたりはすっかり夜。
17:00ですでに日没とは、日が落ちるのも早くなりました。


会津田島駅。

会津田島駅でいったん休憩します。
会津鉄道の中心駅であり、東武鉄道浅草駅からの直通電車が走っているのはここまで。
この会津田島駅を境に電化区間と非電化区間が分かれているのは、かつて会津若松駅からこの駅までが国鉄会津線として運行していたからということもあるのでしょう。


駅舎内はわりと広々。

会津田島駅はわりと広く、駅併設で売店もありました。
売られているのは産直野菜や土産物が中心で、観光客がここでいろいろと土産物を買ってゆくのでしょうか。

さらに進んでいきますが、辺りはすっかり夜。
もう紅葉を見ることもできません。
それでもとりあえず本日の目的地、芦ノ牧温泉駅を目指します。


芦ノ牧温泉駅。

会津田島駅から40分ほどで芦ノ牧温泉駅に到着しました。
すっかり真っ暗になった芦ノ牧温泉駅。
これは、猫駅長も寝てしまっているのでしょうか。


猫駅長はお休み中。

時計もそろそろ18時になりそうな時間。
恐る恐る入ってみましたが、猫駅長はすっかりお休み中。
朝8:30~17:00までが触れ合える時間だというので、残念ながら1時間ほど遅れてしまったようです。

唖然まぁ、仕方ないか…

間に合わなかったら仕方ないと半分諦めていました。
とはいえいろいろと見どころがありそうな芦ノ牧温泉駅。
今晩の宿に泊まって、明日またチャレンジしよう…
そう思ったおいらでした。


◆秋の紅葉・南会津の旅
秋の紅葉・南会津の旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。