あらかわ遊園までせっかく来たので、近くにある都電の荒川車庫にも寄ってみましょう。


都電と薔薇。

都電荒川線の荒川遊園地前駅~荒川車庫駅の間は都電沿線に一面の薔薇が咲いています。
そのためちょうど薔薇が満開の今は「都電と薔薇」の撮影ができるため、たくさんの鉄道カメラマンがいました。
おいらも何枚か撮ってみましたが、意外と花と電車の組み合わせって難しい…
そして無駄な枝も多いので、いい撮影ポイントを探すのに骨が折れます。

唖然あの草を抜いたりする「キチ○イ鉄ヲタ」の気持ちがわかる気がするわ…

とおいらが撮影している時に後ろでぼやく友人。
都電なら5分に1本ほどなので気にすることはありませんが、地方ローカル線だと数時間に1本。
イラっとするときはあるけれど、何があろうとキレたり害を及ぼしたら負けです。


都電おもいで広場。

荒川車庫には「都電おもいで広場」という広場があります。
昔使われていた都電が2両静態保存されています。
せっかくなのでこちらで一休みしましょうか。


旧都電7504。

旧都電の内部はミニ博物館になっていて、かつての都電の資料がいろいろと飾られていました。
昭和40年代には東京都内を縦横無尽に走っていた都電ですが、今では都電荒川線を残すのみ。
東京都内だと輸送力の面で路面電車だと物足りないということや、自動車優先になっているため運行が難しいというこもあるかもしれません。


中にも入れます。

昔の都電の車両で一休み。
なんだか田舎の列車に乗ったかのような、そんなノスタルジックな気持ちになります。
都電おもいで広場は無料で楽しめる公園なので、都電に乗ったついでに寄るのもいいものですね!


※都電おもいで広場
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/toden/kanren/omoide.html


◆関連日記
都電荒川線ぶらり旅



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。