餘部鉄橋を充分に楽しんだおいら達。
山陰本線沿線のスタンプも初日に回ったので、残るは兵庫県北部の道の駅を巡って回ります。
兵庫県北部、特に加美町と養父市は周囲の市町村と合併しまくったせいか、道の駅が多い印象があります。
近いところでは7kmぐらいしか離れていない所もあり、これは周りやすい。
というワケで順番に巡って行きます。


道の駅あゆの里矢田川。

香住駅から南に位置する道の駅あゆの里矢田川。
国道9号線に向かってどんどん山の中に入って行く道の途中にある小さな田舎の道の駅という印象ですが、素朴な感じの道の駅もいいものです。
作りたてのおはぎが売られていたので軽く腹ごしらえをしてさらに先に進みます。


道の駅神鍋高原あたりは雪。

次に向かったのは道の駅神鍋高原。
神鍋高原はスキー場としても知られる場所で、正直なところこの時期に来るのは雪の危険性もあり直前まで様子を見ていました。
しかし、路面には全く雪がないためスムーズに着くことができました。

それでも道の駅の駐車場には大量の雪が!
3月でも雪がたくさん積もる地域だそうなので、これだけ雪がないのは本当にラッキーでした。


道の駅ファームガーデン村岡。

一旦国道9号線に戻って、南に進んで道の駅ファームガーデン村岡へ。
この道の駅は但馬牛の産地ということで、但馬牛を食べさせてくれるレストランが併設していました。
ちょうどお昼時になってきたし、店も気になるのですが、昨晩但馬牛のステーキ丼を食べたので高級な但馬牛が被るのはいただけない…
というワケで先に進みます。


道の駅ハチ北。

続いて来たのは道の駅ハチ北。
鉢伏山が近くにあるからハチ高原、ハチ北高原という名前で呼ばれているそうです。

唖然なんだ、犬の名前じゃないんだ…

ハチと聞いて真っ先に犬の名前が浮かんだおいら達。
期待していたものとは違ったのでちょっと残念です。
しかも道の駅としては飲食ブースも販売ブースもやや少なめ。
ここで昼食予定を立てていただけにがっかりでした。


道の駅ようか但馬蔵。

さらに先に進んで道の駅ようか但馬蔵に到着しました。
この駅は土産物だけでなくレストランも充実していて一安心。
ここで休憩しつつ、昼食をいただきます!


◆北近畿ぐるっと一周旅行
北近畿ぐるっと一周旅行【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。