餘部から福知山まで戻る途中、兵庫県養父市の道の駅ようか但馬蔵で昼食を取ることにしました。


道の駅ようか但馬蔵。

道の駅ようか但馬蔵のレストランを見てみると、八鹿豚(ようかぶた)という豚肉がブランドになっているようです。
ここまで但馬牛推しの店が多かったので、正直違うご当地ものを探していたのでちょうど渡りに船でした。
早速食べてみましょう。


八鹿豚とんかつ定食。

おいらが注文したのは八鹿豚とんかつ定食(1,230円)。
八鹿豚というブランド豚を使ったとんかつ。
これは期待できそうです。

揚げたてのとんかつにすりおろした胡麻とソースを付けていただきます。
食べてみると、柔らかくて甘みがある豚肉と甘辛いソースがよく合います。
そして噛むと肉汁がじんわりと…
これは確かに美味しいです。


但馬牛丼を。

あかり姉さんは但馬牛丼(1,080円)を注文しました。

唖然何故牛丼なのか…

理由を聞いてみると、昨日食べたハンバーグはデミグラスソースが全面に出ていて但馬牛らしさを楽しめなかったからだとか。
そのため牛肉が味わえる牛丼にしたそうです。

牛丼は柔らかくて甘い牛肉で、まるですき焼きのよう。
ご飯と合って美味しいです。
吉野家や松屋の牛丼も美味しいけど、それ以上の美味さがありました。


八鹿豚まんですって。

一通り食べて満足…だったのですが、この道の駅では中華まんが人気メニューなのだそうで…
せっかくなので買ってみることにしました。


八鹿豚まん。

道の駅ようか但馬蔵名物の八鹿豚まん(260円)。
見た感じ普通の豚まんです。
ご当地豚肉を使った豚まんははたしてどんな感じなのでしょうか。
早速食べてみました。


うまい!

八鹿豚まんの中身は豚ひき肉たっぷりでしっかりジューシー。
豚肉と玉ねぎの甘さがしっかりと出ていてとても美味しいです。
味としては551蓬莱の豚まんっぽい感じがしますが、551蓬莱の独特の癖っぽい味はなくややマイルドな感じとも言えます。

カラシももらったけれど、結局使わずじまい。
美味しい豚まんでした。


※道の駅 ようか但馬蔵
http://www.michinoekiyouka.co.jp/
住所:兵庫県養父市八鹿町高柳241-1
TEL:079-662-3200


◆北近畿ぐるっと一周旅行
北近畿ぐるっと一周旅行【目次】

タグ: 【中華まん関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。