青森県内の道の駅を散策していると気になるサイダーがいろいろとありますね。
早速購入してみました。
今回は八戸製氷冷蔵株式会社製造のサイダーばかり。
青森県南部地方になると、このメーカーが強いのかもしれません。


カシス入りサイダー「カシッスー」。

まずは、道の駅しちのへやJR七戸十和田駅といった七戸町内で売られていたご当地サイダー、カシス入りサイダー「カシッスー」(330ml・324円)。
ご当地サイダーとしては結構強気のお値段になっています。
製造元は八戸製氷冷蔵株式会社、販売元は七戸町のカフェレストラン「ジュノン」だそうです。

青森県七戸町産カシス入りサイダーで、カシスの風味が楽しめるサイダー。
思っていたよりも甘さと酸味のバランスがよく、これはなかなか美味しいです。
今年の7/18から発売開始をしたばかりという新進気鋭のサイダー。
今後の展開が楽しみですね。


よこはままち菜の花ハチミツサイダー。

続いては、JR七戸十和田駅や道の駅よこはまで見かけた「よこはままち菜の花ハチミツサイダー」(330ml・300円)。
製造元は八戸製氷冷蔵株式会社、販売元は青森・下北ふるさとの会というところです。

青森県横浜町は菜の花の作付面積が日本一で、毎年、菜の花フェスティバルが行われているとのこと。
そこで誕生した地サイダーが「よこはままち菜の花ハチミツサイダー」です。

炭酸はやや弱めで、口の中に入れると広がるはちみつの味と香り。
なんでしょう、ただ甘いというのは違いますが、なんというか焼きたてのホットケーキをのサイダーにして飲んでいるような感じと言いましょうか。
なんとも不思議な風味になっています。
おそらく菜の花の味も入っているのかもしれませんが、その甘味と苦味?がはちみつと相まってよりホットケーキっぽさを出しているような気がします。
なんとも不思議なサイダーでした。


青森県産使用 ブルーベリーサイダー。

最後は、道の駅おがわら湖で見かけた「青森県産使用 ブルーベリーサイダー」(330ml・270円)。
製造・販売は八戸製氷冷蔵株式会社です。

飲んでみると、炭酸強めでわりと刺激的ですが、肝心のブルーベリーの味はというとわりとあっさりの味。
サイダーにほんのりブルーベリーを入れました、程度のサイダーになっているのがちょっと寂しいところ…
でも無難に美味しい地サイダーでした。


◆秋の津軽海峡ぶらり旅
秋の津軽海峡ぶらり旅【目次】

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。