友人が東京に遊びに来ているので、いろいろと東京案内をしているおいら。
昼食は「孤独のグルメ」に登場した店だったので、夕食は…と思ったけれど、宿の池袋に近いところで何か店がなかったっけ…と思ったところ、1軒の店を思い出しました。

唖然確か板橋に焼肉屋があったよね…

食べログの情報だと「1週間以上も予約が取れない人気店」とのこと。
ダメもとで電話予約をしてみると、19時半からだと予約が取れるとのことだったので早速予約してみました。
2時間近く板橋駅近くの喫茶店で待つことにもなったけれど、これから食べる焼肉のことを思えば苦はありません。
せっかくなので他の友人も来れないか連絡をしてみたものの、さすがに急な連絡すぎるので今回は少人数での行動になりました。


板橋の山源。

板橋駅の西口からほど近くにある「山源」というお店。
ホルモン焼きで有名なお店で、実はこの店も「孤独のグルメ Season3」に登場したお店です。
昼夜と2軒続けて孤独のグルメの聖地巡礼とは、本当に豪華なツアーになりました。
なんだか1ヶ月分の贅沢をしているような気になってしまいます。


お通しの枝豆と和風キムチ。

店内に入るとテーブルの上にはわさびとゆず胡椒のチューブ、そしてお通しの枝豆が置かれていました。
まずはビールなどの飲み物を注文し、和風キムチで肉が来るのを待ちます。
和風キムチは辛さが控えめでうま味たっぷれりキムチ。
これはそのままでも、ご飯と一緒に食べても美味しいキムチですね。


ホルモンとかコメカミとかハラミとか。

まずは名物のホルモンを中心にいろいろと食べてみます。
ホルモンは皮を8、脂を2ぐらいで焼いて食べると美味しいということなのでそうやって食べてみると、本当に美味しい!
タレにつけても、ゆず胡椒に付けても美味しく口の中でとろけるホルモン。
これは食が進みます。

個人的にはやっぱりハラミが美味いですね。
ついついハラミとホルモンを食べてしまいますが、どちらも美味しくて思わず笑みがこぼれます。


ホーデン!

個人的に気になったのは「おっぱい」と「ホーデン」。
牛のおっぱいは残念ながら売り切れで食べられなかったけれど、ホーデンは注文することができました。
「ホーデン」とは睾丸…つまりは牛のタマタマのこと。
ピンクでなんだかしっかりと詰まった明太子のような感じで面白い食感と風味。
なかなか面白いものを食べることができました。
これで金運も上がるとよいのですが!


すごくモクモクしてる。

実は店内はかなりモクモクしています。
一応換気はしているものの、ホルモンから出る煙などが全然追いつかず、かなり真っ白な状態に。
そのため焼いていると目が痛くなることもしばしば。
換気で燻されてしまう感覚は確かにありますね。

唖然そういえばゴローちゃんは一度店外に逃げたんだっけ…

そこまで苦しくはなかったけれど、わりとモクモクしています。
後で録画した「孤独のグルメ」を見直したところ、排気ダクトが新しくなっていることをあかり姉さんが発見。
確かに新しくなっていたけれど、焼け石に水なのかもしれません。


かなり煤汚れています。

わりと年季が入っているのか、店内のあちこちにあるものが煙で燻されて黒っぽくなっています。
でもこの感じがまた味わいがあっていいのかもしれません。
気にせずどんどん食べてゆきます。


仔袋がすごくとぐろを巻いてる。

軟骨と仔袋が非常に気になったのでそれらも注文してみました。
仔袋はワームのような紐状のもので、焼くとどんどんとぐろを巻くのでなんとも奇妙な食べ物に…
ちょっと癖のある味ですがこれもまた美味しいですね。

ホルモンから始まって、ハツ、コメカミ、ハラミ、ホーデン、レバー、ラム肉、軟骨、仔袋…
売り切れていたものもあったけど、食べたいものはあらかた食べたのではないでしょうか。
本当に大満足でした。


焼飯。

そして締めは焼飯をいただきます。
普通に食べても美味しいけれど、店の人のオススメは、ここまで焼肉のたれとして使っていたたれをご飯にかけるとなお美味しいとか…
確かに美味しくなって、この締めは最高に良いですね!

そして会計をしたとき、結構食べたはずなのに1人当たり3,000円ちょっとで収まってしまってびっくり!
リーズナブルで美味しいものが食べられる、本当に良い店でした。


孤独のグルメで登場した店。

松重豊さんや久住昌之さんのサインも飾られていたけれど、煤けて黒くなっていたのがもったいないところ。
また、店内には「孤独のグルメ Season3」のミニポスターがあちこちに貼られていたのも印象的でした。

孤独のグルメでは焼肉の店に行くことが多いけれど、どの店も良くていいですね!
また入ることができたら訪れたい、そんな焼肉店でした。


※山源

住所:東京都板橋区板橋1-22-10
TEL:03-3963-4656

タグ: 【アニメ・ドラマ聖地巡礼関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。