コミケなどでお世話になっている友人が、急遽岐阜から東京に来ることになったそうで…
せっかくなのでいろいろと迎撃しよう!というワケで出かけてみました。
東京スカイツリーとかいろいろと観光地も考えたけれど、「孤独のグルメ」に登場した店に行けたらいいな、ということだったので、せっかくなので昼間から行くことにしました。


赤羽 川栄。

今回は赤羽駅で待ち合わせをしたので、赤羽駅北口からちょっと歩いたところにある「川栄」というお店に向かいました。
うなぎとほろほろ鶏が美味しい店で、テレビドラマ「孤独のグルメ Season3」にも登場した名店です。
日曜日だと17時までの営業のため、今回は昼間にやってきました。
予約はしてみたけれど1時間ほど待つことになったので、その間は「孤独のグルメ Season3」の時の聖地めぐりとか、清野とおる氏の漫画「東京都北区赤羽」に登場した場所などをぶらりと回ってみたり。
赤羽、意外と時間が潰せます。


ほろほろ鶏の刺身とたたき。

1時間近く待って、ようやく店に入ることができました。
昼間なのでお酒は我慢して烏龍茶で乾杯です。
まずはほろほろ鶏の刺身とたたきからいただきます。

ほろほろ鶏の刺身は本当に生。
賞味期限は1時間と店員さんに言われるぐらいの鮮度です。
わさび醤油で食べると美味しいということで食べてみると…

唖然とろけますわ~

柔らかくてすっと口の中で溶けるお肉。
肉なのにもう刺身のように食べられます。
これはもう美味いとしか言いようがありません。

さらにほろほろ鶏のたたきもありますが、こちらもニンニク醤油につけて食べますが、負けず劣らずの柔らかさで美味いです。
もちろん刺身のほうが美味しいですが、たたきも負けず劣らず存在感を示しています。

唖然やばい、昼から日本酒を飲んだら本日終了ですわ…

酒が飲みたくなる気持ちをぐっとこらえつつ、次の料理を注文します。


ほろほろ鶏の燻製。

続いてはほろほろ鶏の燻製。
ほろほろ鶏のもも肉を1本丸ごと燻製にしたものだそうで、よく品切れになるのだとか。
こちら、思っていたよりもたくさんのボリュームでびっくり!
ニンニク醤油、または粒マスタードでいただきますが、どちらで食べても美味!
まさに高級ハムを食べているかのよう。鶏肉だから鶏ハムといえばよいのでしょうか。
これもまたいい味を出しています。
ドラマ等では出てこなかったけれど、個人的にはかなり嬉しいメニューでした。


ほろほろ鶏のいろんな串。

続いては川栄名物のほろほろ鶏の串焼き。
皮、もも、レバーなどほろほろ鶏のいろんな部位を串にしているもので、いろんな味が楽しめます。
他の人の注文を聞いているとレバー串が人気だったので、レバーも食べることができてよかっだてたです。


ほろほろ鶏のスープ。

そしてほろほろ鶏のスープもいただきます。
鶏ガラの風味がしっかりと詰まったスープでこれは美味い…
もし中華麺が入っていると十分ラーメンになれそうなスープです。

もう存分にほろほろ鶏を堪能したけれど、せっかくなのでうなぎも食べておきたい…
というワケで追加注文をしてしまいました。


うなぎの蒲焼、白焼き。

関東風のウナギの蒲焼き、そして白焼きです。
食べ比べという感じで両方注文してしまいましたが、1皿1,700円となかなかのお値段。
正直、昼間から贅沢をしすぎです。

蒲焼きは味がしつこくなく、さっぱりと、しかもウナギはふわっと柔らかくて食べやすく、また白焼きはわさびをちょっと付けて食べると最高に美味い!
どちらも酒が欲しくなる、美味しいうなぎです。
本当、酒を我慢しつつノンアルコールでほろほろ鶏とうなぎの味を堪能しました。


松重豊さんのサインもしっかりと。

「孤独のグルメ」のロケ以外にもたくさんの人のサインがありましたが、やはり目立つのは松重豊さんのサインでしょうか。
本当に「孤独のグルメ」のドラマって人気なんだなぁと再認識したおいら達でありました。


※川栄

住所:東京都北区赤羽西1-1-7
TEL:03-3900-6375


◆関連日記
赤羽 川栄のほろほろ鳥の刺身とレバー串、うな重。

タグ: 【アニメ・ドラマ聖地巡礼関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。