トンネル駅の美佐島駅を堪能した後は、引き続き北越急行ほくほく線の沿線を散策します。


魚沼丘陵駅。

美佐島駅の隣、魚沼丘陵駅としんざ駅にも寄り道。
北越急行は六日町駅、十日町駅、虫川大杉駅で電車の行き違いを行うため、これらの駅に近いところだと効率よく回ることができます。
滞在時間は短くなるけれど、その間に無人駅を堪能しました。


十日町駅にやってきました。

北越急行線はJR線ではないので青春18きっぷは使用できないのですが、今回使用している「週末パス」は使用可能です。
そのため今回は週末パスを選んだという経緯もありました。
もちろん、このパスで新幹線の乗車券にもなるというメリットもあるし、かつての土日きっぷと比べると新幹線が乗り放題ではなくなった点が弱いですが、それでも魅力的な切符です。


十日町駅駅舎。

いろいろと回って十日町駅にやってきました。
十日町駅で本日の予定は完了。
まだ13時なのに本日の予定終了とは、時間が余りすぎです。
せっかくなのでJRの十日町駅も散策してみました。


飯山線・信越本線 越乃Shu*Kura。

JR飯山線のホームには、リゾートトレインの「越乃Shu*Kura」が停車していました。
十日町駅から越後川口駅経由で柏崎、直江津を経由して上越妙高駅まで走る列車です。
車内では日本酒を堪能できるというリゾートトレイン。
すごく気になります。


飯山線 おいこっと。

続いては、飯山線の長野方面に向かう飯山線のリゾートトレイン「おいこっと」。
飯山線経由で進む場合、このリゾートトレインまで電車がないのでこれも選択肢になりそうです。
もしくは北越急行線で来た道を戻るか…

どちらにしても次の列車まで1時間以上あるので、のんびりと考えることにしました。


◆北越急行プチ遠征旅
北越急行プチ遠征旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。