年末年始に帰省していなかったので、ちょっと遅くなりましたが帰省することになりました。
久しぶりに富山に帰省するけれど、今年は暖冬で雪が少ないとのことなので、観光地のスタンプもがっつりと回りたい…
というワケで予定を立てていました。
しかし…

唖然今週末に最強寒波襲来…だと…

元々雪国の富山県。
今年は暖冬で雪がほとんどないという話でしたが、タイミングが悪く大雪真っ盛りになる可能性が出てきました。
元々雪が降る季節だし、雪は致し方ないとは思っていましたが、東京は雪もなく快晴。
なのである程度は安心していました。


北陸新幹線。

今回の帰省は元々予約していた北陸新幹線で帰省します。
富山駅周辺でぶらぶらしたかったので、かがやき号に乗車しました。


かがやき号に乗ります。

かがやき号は東京駅を出ると、大宮駅、長野駅、富山駅、金沢駅のみ停車と停車駅が少ない新幹線です。
そのため一気に飛ばすため、早く着くのが嬉しいところ。
しかし、山岳区間を走るためインターネット回線は貧弱。
正直なところ高崎駅を過ぎるとネットが繋がらないとみてもよいので、約1時間以上はじっとしているしかありません。


めっちゃ雪なんですけど。

唖然やっぱり雪がすごいね…

北陸新幹線で高崎駅を過ぎ、長野県区間に入ったところで窓の外は真っ白の一面の銀世界。
これは少なからず雪がありそう…
せめて富山駅に到着しても路面に雪がなければ大丈夫、と考えていました。
しかし糸魚川駅を過ぎても雪、富山県に入ってもやっぱり雪。
最強寒波と言われていたのはやっぱり本当だったようで、すっかり雪景色になっていました。


富山駅に到着。

富山駅に到着してロータリーに出てみると、外は大雪。
除雪しても間に合わないほどの雪のようで、歩道はもちろん、うっすらと地面にも雪が積もりかけていました。

唖然しまった、普通の靴で来てしまったわ…

普通の革靴では厳しいぐらいの雪になっていて、長靴かブーツが欲しくなるような足元。
この悪天候の中ではあるものの、観光できるところはできるだけ回ろう…
というワケでいろいろと考えつつ行動を開始しました。


◆大雪の中富山帰省旅行
大雪の中富山帰省旅行【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。