小倉駅周辺をいろいろと散策してだいたい回りきった感じのおいらですが、あと1ヶ所、小倉で寄りたい場所がありました。
そのため鹿児島本線の電車に乗車します。


JR九州811系電車。

向かうは小倉駅から4駅離れたところ…
17時という時間ですがまだ大丈夫でしょうか。


スペースワールド駅。

やってきたのはスペースワールド駅です。
スペースワールドはわりと大きな遊園地ですが、今年の12月31日に閉館が決定しています。
九州地方にはなかなか来る機会がないし、次来るときには閉館している可能性も高いのでこの機会に寄り道してみました。


スペースワールド駅。

駅のつくりも遊園地に合わせて特殊なデザインになっています。
ハウステンボス駅もそうですが、テーマパークの雰囲気を損なわないような駅のつくりになっているのが良いですね。


スペースワールド。

スペースワールドの入口までやってきました。
1時間ぐらいの滞在だし、入場料も1,780円と高額ですがどうしようか…と迷いましたが入ってみることにしました。


たくさんのお客さん。

スペースワールドはもっと閑散としていると思っていたけれど、かなりの人でびっくりです。
やはり今年末で閉館してしまうことも影響しているのでしょうか。
もう最後だと思うと来たくなるのかもしれません。


今年で最後なのです。

わりとあちこちに「FINAL」の文字が目立っています。
本当に今年で最後なんだなぁ…と思うと同時に、おいらは初めての来場なので過去を知らない分新鮮な感じで見て回ろうかなと思います。


スペースシャトル。

ランドマークのスペースシャトルを撮影できたらそれだけでも満足だったのですが、意外と見ていると面白いポイントもあり、思っていた以上に楽しめます。
観光客もかなり多く、今年で閉館するから人が来ているのか、それとも元々のポテンシャルがあるのかはわかりません。
鹿児島本線のスペースワールド駅からすぐというアクセスのよさも非常に便利です。


ところどころ寂れたところも。

スペースワールドといえば宇宙をテーマにしたテーマパーク。
月の石の展示や宇宙食の販売など、宇宙に関する展示が多めになっています。
しかし、それらの展示が逆に古臭さを出していたり、不人気のコンテンツになっていて寂れていた感じがします。


月の石。

月の石の展示もありました。
当時はすごかったのでしょうが、こちらの展示はかなり人がおらず、行ったときに見ていたのはおいらだけ。
もはや宇宙という時代でもなくなってきたのかもしれません。


ミュージカルもある。

18時からショーが始まるということだったので、ラッキーラビットは見ておきたいのでショーを見ていました。
90年代パラパラに合わせて踊る、やや古目のショーではありますが、思っていたよりも面白いのでつい見入ってしまいます。

今年で閉館ということなのでどんな感じなのかな…と思っていたけれど、かなり楽しめたスペースワールド。
宇宙をテーマにするにはやや古さはありますが、それ以外は特に気になるところもなく、今後は運営会社が変わるのか、それとも更地になってしまうのか…
個人的にも気になるところです。


◆九州北部の鉄道ぶらり旅
九州北部の鉄道ぶらり旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。