今年も麺屋武蔵とロッテガーナチョコレートとのコラボレーションラーメン「つけガーナ」が発売するという…
すっかり毎年恒例になった感はありますが、今年はどんなラーメンなのか気になったので早速食べに行ってみました。


麺屋武蔵。

麺屋武蔵のチョコレートつけ麺「つけガーナ2018」は新宿本店か浜松町店で1日限定20食で販売とのこと。
新宿本店だとラーメン通が集まって混みそうなので、空いていると思われる浜松町店に向かってみました。
浜松町店は開店前の行列はほとんどなく、自分も2番目に並べました。
結局開店前までに10人ぐらいの行列ができていたので、開店までに行けばつけガーナは間違いなく食べられそうです。


つけガーナ2018。

開店して、早速つけガーナを注文します。
価格は1,110円となかなかのお値段。
でもたまには豪華なラーメンというのも良いでしょう。
開店前から並んでいた人の中でつけガーナを頼んでいる人は半分ぐらい。
逆に言えば開店前から普通のラーメンを求めている人も少なくないというのは意外でした。


つけガーナ2018をいただきます。

しばらく待って、やってきたのがこちらの「つけガーナ2018 ~トリュフの香り~」。
提供時になんだか強い独特の香りがして何かなと思ったけれど、トリュフのようです。

今年は麺の上にたっぷりとトリュフを削った贅沢なつけ麺。
さらにトリュフオイルを掛けたものになっているとのこと。
まさにトリュフ尽くしです。

そんなトリュフ麺を支えるのがウイキョウの葉とセルフィーユの葉のミックスハーブ、マイクロトマト、鴨肉、そして謎のボールです。


今年も謎ボールは健在。

この謎のボールは毎年チョコ玉だったり、トリュフが味噌だったりと、毎年の目玉になっているもの。
今年のボールはというと、生身はなんと漬け卵です。
周りは昆布だしベースのカカオとオリーブとのこと。
そのまま食べるよりもスープに溶かして食べるものっぽいですね。


ホイップとハートマーク。

そしてつけ麺のスープがこちら。
ガーナチョコパウダーで描いたハートマークはなんというかラテのよう。
中のスープはどんなものかな…と思って飲んでみると…

唖然ポタージュスープのような味とチョコレートが混ざってる…

聞くと、ガーナミルクと牛コンソメベースのスープに人参・たまねぎ・ウイキョウなどの香味野菜を合わせたベジタブルスープが入ってポタージュ風になっていました。
そして白いムース上の泡は牛乳と昆布だしのホイップ。
こだわりを感じますが、ちょっと今年のスープは独特過ぎておいらの脳味噌も混乱しきりです。


スープ割。

美味しいのか不味いのか…どちらかというと不味い方向に傾きつつも、なんだかんだで食べ切ったのでスープ割を頂きます。
今年のスープ割のスープはまた独特の味わい。
ポルチーニ茸のだしが効いたスープだそうで、これまでポルチーニ茸は具材として存在していたのに今年はスープ割として登場していました。

全部食べ切って満足…と行きたいところだけど、今年のつけガーナはちょっと凝り過ぎかしら…
いろんな味が混ざり過ぎて、脳の整理が追い付かない、そんなつけ麺でした。


※麺屋武蔵 浜松町店

住所:東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル1F
TEL:03-5472-3634

ブログ記事まとめ




※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。