無添くら寿司でチョコレート寿司を販売するという…
というワケでチョコレート寿司を狙うべく、くら寿司に向かいます。
たぶん大丈夫だとは思いますが、夜だと売り切れのリスクがあるのでランチタイムに向かってみました。


ティラミスシ。

くら寿司の店内に入ると、大々的なアピールではないけれど、さりげなくPOPで宣伝しているティラミスシ。
チョコプリンを海苔とシャリで包んだものにココアパウダーを掛け、マスカルポーネのホイップが乗った寿司です。
くら寿司はバレンタインデー限定で面白い寿司を販売していますが、今年もなかなかインパクトのある商品です。
早速注文してみました。


ティラミスシだー。

注文してしばらくしてやってきたティラミスシ。

唖然なんだか写真と違うものが来たような…

寿司1貫分の大きさのティラミスシ。
大きさは別に気にならないのですが、3個入りじゃなかったっけ…と思いつつ箸を入れてみると…


確かにごはん。

唖然割れた!

寿司をくっつけすぎたのか、3個のティラミスシが結合していました。
ココアの中にご飯の粒が見えるティラミスシ。
早速食べてみると…

唖然あら、意外といける。

チョコプリンと外側のココアの味が強めだからでしょうか、ほぼデザートとして食べられます。
シャリはほとんど気にならなかったけれど、意外と存在感を出していたのが海苔。
でも海苔がないと崩れてしまうのでしょう。
逆にいうと海苔のおかげで「こいつは寿司なんだ」と思い出させてくれます。


普通の寿司も堪能。

ティラミスシを堪能したので、他の寿司もいただきます。
ヒラメの昆布締めとか季節限定のネタも多く、また1皿100円でも意外といけるのでついついがっつりと食べてしまいました。

回転寿司は昼間の方が空いてるし、夜に狙ってくる必要性もないんだな…
と思った今日この頃でした。


◆関連日記
くら寿司の濃厚味噌らーめんとチョコバナナ春巻き。



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。