琴平駅を出て西に向かいます。
本日の予定では愛媛県の松山市まで向かうので、結構な距離になります。


観音寺駅。

途中、香川県の西側に位置する観音寺市に寄り道しました。
ここであかり姉さんと一旦別れ、夜に松山で合流する予定になっています。
おいらも夕方までに松山に着くため、観音寺市にある道の駅をさらっと寄り道しよう、というぐらいに考えていたのですが…
何やら気になるタクシーが停車していました。


ゆゆゆタクシー!

唖然ゆゆゆタクシー…だと…

「ゆゆゆ」ことアニメ「結城友奈は勇者である」の舞台が香川県観音寺市ということもあるからでしょうか。
まさかのゆゆゆタクシーでびっくり。
思わず乗りたくなりましたが、ここは我慢です。


道の駅がすごいことに。

観音寺市にある道の駅は2つ、まずは道の駅ことひきに向かいます。
寛永通宝の砂絵があることで知られていて、その近くにある道の駅なのですが、目を惹いたのが「結城友奈は勇者である」コーナー。
主要キャラクターのパネルとサインが展示されていました。
後ろの棚はかつて「観音寺市の特産品」を展示していたであろうところにゆゆゆに参加した監督、声優等みなさんのサインが一堂に飾られていました。
なんということでしょう。


全員のサインも。

そして右上にあったタペストリーは何だろう、と思ったらこちらもゆゆゆ。
これでもかというぐらいにゆゆゆコーナーになっています。

ちなみにこの建物は現在改装中の観音寺郷土資料館の一部を使用している模様。
世界のコイン館、大平正芳記念館から接続しているので無料で見ることができます。


てぬぐいも販売してる。

ちなみに売店ではゆゆゆグッズはないな…と思っていたらありました。
てぬぐいが1,200円で販売していたのでつい購入してしまいました。
「結城友奈は勇者である」のロゴが大きく入った手ぬぐいです。

せっかくなので寛永通宝の砂絵を見たかったのですが、展望台までの道は徒歩では行けず車でゆくようで…
そして大渋滞になっていたので諦めました。
徒歩で行けたら見に行きたかったです。


別の道の駅にやってきました。

続いては香川県と愛媛県の県境に近い、道の駅とよはまにやってきました。
建物としては普通の道の駅なのですが…


観光案内までゆゆゆ。

こちらの道の駅は大きなゆゆゆ看板が置かれています。
描かれているのは結城友奈と寛永通宝砂絵。先ほどの道の駅ことひきの近くで見られるものです。
わりとがっつりとゆゆゆが登場していて個人的にはびっくりです。


ゆゆゆグッズの販売も。

そして内部にはゆゆゆグッズが大量に売られていました。
合同会社かぴばらの商品が置かれていて、こちらの商品を買うと特別紙袋が付いてくるとか。
道の駅は地元の特産品を扱うということですが、アニメグッズの販売も特産品…なのかと思う所です。


これはアニメショップですか?

と思ったら他にもたくさんのゆゆゆグッズが…

唖然ここはアニメショップなのか…!?

と思ってしまうぐらいのグッズの量がありました。
ちなみに店内に流れる音楽もほぼゆゆゆの音楽がローテーション。
もちろん観音寺市やその近隣の商品も多く、その一角を除けば普通の道の駅なのですが、ちょっと異彩を放っている感じがありました。


自販機もゆゆゆ。

そして自動販売機もゆゆゆ仕様になっています。
観音寺市がアニメの聖地だからといってここまでゆゆゆ押しになるとは…
道の駅が積極的に乗っかっているのも面白い感じでした。


◆春の四国一周旅行
春の四国一周旅行【目次】

ブログ記事まとめ




※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。