徳島線も回れたので今回の四国旅行であとは回っていない箇所はもう少し。
残りの部分を回るべく、国道193号沿いに北に向かい、香川県に入ります。
夏子ダムを経由して高松空港に向かいましたが、高松空港の写真を撮り忘れたのは失敗でした。


四国お遍路マップ。

そのまま北西方向に向かい、高徳線を目指します。
途中にある道の駅をいくつか回ってみました。
その中で気になったのが前山おへんろ交流サロンというお遍路の情報を集めた記念館があったので入ってみました。
今回の旅行ではお遍路は一切回っていなかったのですが、移動中にたくさんのお遍路さんを見かけました。
日本人はともかく、外国人のお遍路さんも見かけてワールドワイドになっているなぁと思いつつ今回旅を進めていました。


道の駅源平の里むれ。

途中で昼食を食べたりしつつ、さらに進んで道の駅源平の里むれに寄り道しました。
初日にも寄り道したけれど、見どころがありそうだったけれどさらっとスルーしてしまったので改めて見てゆきます。
昔の琴電の車両が静態保存されていたりと鉄道パークのような感じかなと期待しましたが、ただの広場のようです。


瀬戸内海いいね…。

大きな広場の先には海が見えてきました。
瀬戸内海を眺めながらベンチでゆったりするのも良さそうですね。
おいら達もゆったりしようと思っていたら、ちょうど踏切の警笛が聞こえたので、そろそろ琴電の車両が来そう…というワケでカメラを準備します。


ことでん!

そしてことでんがやってきました。
海とことでんを撮れるいい撮影ポイントかも。
そして思っていたよりもことでんの本数が多く、何回か撮影チャンスがありました。


三本松駅。

ことでんを見たところでさらに先に進んで三本松駅に到着しました。
初日には窓口の営業時間の都合上スルーしてしまいましたが、最終日に寄ります。


四国の駅をぐるっと回りました。

三本松駅に到着したので、四国のアンパンマンの鉄道スタンプの駅は全部回ることができました。
いろいろと寄り道したので6日掛かってしまいましたが、改めて四国をぐるっと回ったんだなぁ…と実感したおいらでした。


◆春の四国一周旅行
春の四国一周旅行【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。