先日岡山遠征旅行に行った時の青春18きっぷがまだ余っていたので、そろそろ使い切ってしまいたい…
そう思っていた時に、ちょうど会社から「夏季休暇使用の推奨」の連絡が来たので月末の木曜金曜とがっつりと休むことにしました。


青春18きっぷ。

これ幸いにと行きたいところを色々と考えます。
とはいえ青春18きっぷで回ることを考えると、ある程度の電車の本数が欲しい…
というワケで前々から行きたかった湖西線や草津線を散策することを軸にルートを考えます。
そこから接続するところを考えると、名古屋方面の関西本線も行っておきたい…
とか考えていると、ある程度のルートのイメージができたので、早速計画を立てます。


JR南草津駅に到着。

今回のプランは京都あたりから出発して、今年開業したJR総持寺駅に寄ってから湖西線の各駅を散策。草津で宿泊します。
2日目は草津線の各駅を散策し柘植、亀山を経由して関西本線沿線を散策。時間があれば伊勢鉄道も狙う予定にして名古屋で宿泊。
3日目は名古屋から米原経由で北陸線沿線を散策しよう…
という、滋賀県、三重県、愛知県をぐるっと回るルートにしてみました。
JR西日本、JR東海のエリアにまたがるところのためICOCAやToicaではエリア外になる部分も多く、青春18きっぷだと非常に便利なエリアでもあります。
京都行きの高速バスが取れず、南草津駅行きのバスになったけれども、予定は柔軟に取りつつ、早速出発します。

今回の旅行では渋滞もなく、朝6時ちょっと前に南草津駅に到着しました。
本日はここから青春18きっぷを使っていろいろと回ります。


JR総持寺駅。

まずは京都線(東海道本線)に新しく開業したJR総持寺駅に寄り道します。
今年3月にオープンした駅でまだ真新しい感じ。
スタンプを押して京都方面に戻ります。
今日は平日のため通勤ラッシュを覚悟していましたが、新快速ではなく各駅停車だったからか、思っていたほどの混雑もなくほっと一息です。


草津線普通列車。

山科駅からは湖西線の駅をぶらぶらと散策してゆきます。
湖西線は山科駅から堅田駅、近江舞子駅、近江今津駅を挟んでどんどん本数が少なくなってゆきます。
場所によっては1時間に2本よところもあるため、2~3駅進んで1駅戻るような乗り方をします。
通常なら運賃がものすごく掛かる乗り方ですが、青春18きっぷ利用ならば乗り放題なので関係なし。
少しでも待ち時間を減らして有効に行動します。


琵琶湖が一望できる。

湖西線の駅には観光案内所が併設されているところも多く、また観光案内所にもスタンプがあることもあるため、積極的に寄り道してゆきます。
また、琵琶湖沿いを走るため、ホームから琵琶湖を一望できるところもあり、観光としても楽しめます。


蓬莱駅。

湖西線の本数は少ないと覚悟していたものの、意外と行ったり来たり作戦でサクサクと進むことができ、計画していた行程よりも速く進めることができました。
結果としては13時頃には湖西線の駅を回りきることができました。


◆青春18きっぷで夏の鉄道ぶらり旅
青春18きっぷで夏の鉄道ぶらり旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。