岡山旅行2日目。
今日は岡山県の北部を巡る予定です。
元々電車で巡る予定でしたが、西日本豪雨のために伯備線、姫新線、津山線が運休になったためレンタカーを借りて移動します。
復旧はかなりの時間がかかると聞いていましたが、伯備線は8/1から、津山線は本日8/5から運転再開されたものの、姫新線は9月以降にならないと復旧の見込みがないとのこと。
少しづつでも復旧しているのは嬉しいニュースです。


吉備サービスエリア。

レンタカーでまずは岡山自動車道を使って備中高梁駅方面に向かいます。
向かう途中の道の一部で崖崩れが見られたりと災害の爪痕がまだ残っているよう。
できれば備中松山城も巡りたかったですが、城めぐりは意外と時間がかかってしまうこと、朝9時というのに早くも暑く、この暑さでは城を散策している間に熱中症になりそうで断念しました。


備中高梁駅。

備中高梁駅は近くにある備中松山城をイメージした城のような駅舎。
こういうデザインの駅舎は面白いですね。


井倉駅。

さらに進んで井倉駅に到着しました。
井倉洞という鍾乳洞が観光地だそうで、鍾乳洞も一度入ると長そうで、ぱっと見られるような観光地ではないため今回は泣く泣くスルーです。


新見駅。

新見駅に到着しました。
伯備線、姫新線、芸備線の列車が乗り入れる駅ですが、現在運行しているのは伯備線のみ。
災害がなかった時はここから東に行こうか西に行こうか、はたまた北に行って鳥取県を目指そうかなんてことを考えていましたが全て狸の皮算用になってしまいました。

駅近くの売店を見てちょっと買い物をしたところで、姫新線ではなく中国自動車道で津山方面を目指します。


◆夏の香川・岡山鉄道観光
夏の香川・岡山鉄道観光【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。