今日は早めに仕事を切り上げられたので、あかり姉さんと飯田橋駅で待ち合わせをして何か食べに行くことにしました。


とんかつ あげづき。

どこで食べようか考えつつ、とりあえず神楽坂を上がっていたところ、たまたまとんかつあげづきの前に行列がなかったのでびっくりしました。
名物店でいつも行列ができている印象のあるとんかつ店。
もしかしたら本日は終了したのかと思ったけどそんなことはなく…
せっかくなので入ってみました。

今日は確かに空いていて、お客さんも1組だけ。
何かあったのでしょうか、かなり珍しい感じです。
メニューを見てみると「南の島豚ロースかつ」と「黒豚ロースかつ」の違いが判らなかったのでそれぞれ注文してみました。


定食セット。

とんかつあげづきの揚げ物は低温でじっくりと揚げているとのこと。
しかも、注文があってから揚げ始める為、出来上がりまでかなり時間が掛かります。

今日はお腹が空いていたけれどすぐに食べたいほどでもなく、のんびりと会話しながら待ちます。
とはいえ最初に付け合わせのポテトサラダ、漬物がやってきましたが、ついついそれをつまんでしまうと食が進んでしまってとんかつが来るまで待つことができませんでした。


南の島豚ロースかつ。

注文してから約40分ほど経ったのでしょうか。注文した南の島豚ロースかつがやってきました。
揚げたてで温かさが残るとんかつ。
もちろん最初は塩でいただきます。

肉の弾力と豚肉の甘味がしっかりと凝縮されているとんかつで、これは絶品です。
これが南の島豚ということでしょうか。
さらに上の特選ロースかつだとどうなってしまうのでしょうか…
かなり柔らかいとんかつになるんだろうなぁ、と思ってしまいます。


黒豚ロースかつ。

では通常のロースかつだとどう違うんだろう…と食べ比べをしてみます。
通常のロースかつのほうが脂は少なめであっさりとしたとんかつ。
肉厚は充分に楽しむことができ、柔らかくこちらで美味。
確かに脂の甘味は劣るかもしれないけれど、豚肉の脂は少なめが良い人にはよいかもしれません。

ごはんのおかわりも自由なので、せっかくなのでごはんをおかわりしてごはんも楽しみます。

どちらのとんかつも絶品。
お値段は結構張るけれど、その値段以上の満足感がありました。
美味しゅうございました。


※あげづき

住所:東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビルB1F
TEL:03-6265-0029


◆関連日記
神楽坂のとんかつの名店、本家あげづきの特ヒレかつ。



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。