今回の目的である北越急行線沿線の駅スタンプを押して回ったおいらですが、時間は16時ちょっと前。
せっかくなのでもう少し回りたいところです。
今回は1日で回りきれない可能性も考えて直江津駅周辺でホテルを取ったものの、実は日帰りできたかも…という状態です。


直江津駅。

柏崎方面まで足を延ばすか、上越妙高駅まで足を伸ばすか、それともえちごトキめき鉄道沿線で糸魚川方面も…と選択肢はいろいろあります。
おいらが悩みつつも選んだのはこちらでした。


直江津港まで歩けないこともない。

唖然直江津駅から直江津港まで歩いて行けないこともないな…

本当なら翌日にレンタサイクルを借りようと思っていたのですが、徒歩でも20分ぐらいということなので、せっかくなので歩いて直江津港まで向かいます。
後から調べたらバスもあったみたいですが時間が合いませんでした。


直江津港。

直江津港に到着しました。
窓口などは17時に閉店して、あとは20時頃に到着する佐渡からのフェリーが到着して閉店という状態です。
なので記念スタンプなどはあるのかどうか心配だったのですが…


やはりスタンプがありました。

唖然あった!

スタンプはかなり隅にありましたが、幸いにもいつでも押せる状態にあったのでありがたく押して行きます。
やはり行ける時に行ってしまうのが正しいのかもしれないですね。


直江津港の夕陽。

帰りにたまたま直江津港の夕陽を見ることができました。
いい夕焼けが見れたのでうれしい限り。
関東地方などでは台風が接近するかも…と言われている状態だったけれど、日本海側はいい天気でした。


◆北越急行と新潟県ぶらりスタンプ旅
北越急行と新潟県ぶらりスタンプ旅【目次】


◆関連日記
新潟県ぐるっと鉄道旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。