SLパレオエクスプレスが去ったところですが、時刻は11:20。
そろそろお腹が空いてきました。
そこで、秩父渓谷に繋がる商店街に再度行ってみると…


いつの間にか商店街は一杯

唖然人がゴミのようだ!

さっきまでの閑散具合が嘘のようです。
通り道は人でごった返していて混雑していそうです。
でも、まだお昼前ではあるので飲食店の中は空いている感じでした。


松ばや。

そこで、朝通りかかった時に気になっていたお店「松ばや」に入ってみることにしました。
ここの名物は鮎が丸々入った釜飯「鮎飯」が名物なのだとか。

早速おいら達は料理を注文して、しばらくまったりしていました。


鮎の塩焼き定食。

武田さんは「鮎の塩焼き定食」(1,500円)を注文。
焼きたての鮎がとても美味しそうです。
しかし、注文して早く届いたので、鮎の塩焼きは別途用意していたのでしょうか。


かじかの唐揚げ。

鮎の塩焼き定食とぼ同時にやってきた、「かじかの唐揚げ」(2尾で500円)。
かじかというと非常に「グロテスクだけど美味」というイメージがありましたが、揚げてあるのでさっぱり。
それでもあかり姉さんは果敢にいい表情を撮ろうとしていました。

もちろん、唐揚げも美味でした。
頭から骨まで全部食べられます。


やまめの釜飯。

30分ほど待ってようやくやってきた「やまめの釜飯」(1,500円)。
ヤマメという魚はそうそう食べる機会がないので面白そうです。
頭と骨を取ってから食べるのですが、なかなか取るのが難しいので、多少小骨が残った状態で混ぜご飯に。

ヤマメの味は今まで知らなかったのですが、これは新しい。
非常に美味でした。


鮎飯。

そして名物の「鮎飯」(1,500円)。
こちらも鮎が一匹丸ごと入った釜飯です。
頭と体の骨を取るのは、鮎の塩焼きと違ってやりにくいですね。

鮎の香りがご飯に混ざって、こちらも美味でした。


たいへん満足な昼食でした。
また長瀞に来た時には寄りたいところですね。


※川魚料理 松ばや
http://www.nagatoro.or.jp/kobetu/matubaya.htm
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞481-1
TEL:0494-66-0270

scale:25000 36/5/29.913,139/6/59.743


◆埼玉県民の日なので長瀞旅行
埼玉県民の日なので長瀞旅行【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。