新大阪駅から餘部鉄橋までは高速道路等を使用して、車で約5時間程度かかるという…。
最短で飛ばしても4時間ぐらいと、兵庫県の縦断は思っていた以上に時間が掛かりそうです。
ちなみにJRで移動した場合でも、8:30の特急電車に乗って餘部駅には13:30頃到着するので、時間的にもあまり大差はなさそうです。


大渋滞。

今回は長時間の乗車になるので、新大阪駅付近のコンビニに寄って食べ物や飲み物を補給します。
それから中国自動車道に乗って兵庫県を目指すのですが、土曜日なのになぜか大渋滞。
どうやら大阪空港の辺りから阪神高速と接続する西宮山口JCTまでの間は特に渋滞しやすいようで、ほとんど進みません。
そのためのんびりとした走行になっていました。


西宮名塩サービスエリア。

新大阪を出て約1時間。西宮名塩サービスエリアで一旦休憩をします。
飲食店も多く、ここで改めて朝食を食べたり休憩を取った後、改めてルートの確認を行います。
餘部鉄橋を見るために餘部駅にまっすぐ行くのではなく、一旦隣の鎧駅で停車し、そこから乗車するのはどうだろうか。
というワケで鎧駅にナビをセットして、それに合わせて進むことになりました。

唖然とはいえ、おいらはただ聞いているだけだけど…

中国自動車道から舞鶴若狭自動車道、北近畿豊岡自動車道と乗り継いで和田山駅周辺から一般道に入ってゆきます。
和田山からは道路と山陰本線が平行に走っているところも多く、ちらほらと車内から特急電車を見ることができました。
電車を見るとついカメラを構えたくなるもので、いい感じに撮れそうであれば、車内から電車を撮ろうとしたりしていました。

西宮名塩サービスエリアを出て約1時間弱。
豊岡市の中心街に入ってゆきました。
ここまでは思っていたよりも順調に来たので予定よりも早く着けそう…
しかし、ここから徐々に波乱が待ち受けていました。


◆関連日記
さよなら餘部鉄橋・鳥取観光の旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。