今回のサイダー祭り。
まずはジャブということで見た感じ普通そうなサイダーを選んでみました。


城崎サイダー。

城崎サイダー(340ml・200円)。
株式会社みさきという会社が発売しているサイダーです。
ラベルのデザインは城崎温泉をイメージしているのでしょう。

早速飲んでみると、予想通り実にオーソドックスなサイダー。
三ツ矢サイダーほどではありませんが酸味があって、甘さもそこそこ。
どちらかというと温泉上がりの人がさっと飲める、喉が乾いたときにいい感じのサイダーです。

城崎温泉にも一度入ってみたいなぁ…
そう感じたおいらでした。


玄さんサイダー。

続いては玄さんサイダー(330ml・200円)。
山陰酒類食品が発売しているサイダーです。

さてもこのキャラクターの「玄さん」とは何者なのか…
実はこのあたりでは玄武岩が多く取れるため、玄武岩をモチーフにしたゆるキャラになったそうです。

飲んでみると、炭酸弱めのオーソドックスなサイダーで甘味と酸味のバランスが良いですね。
城崎サイダーと味が似ているけれど、若干こっちのほうが甘いかも、といった印象です。

美味しゅうございました。


◆関連日記
我が家でご当地サイダー飲み会。
さよなら餘部鉄橋の旅【城崎温泉篇】

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。