直江津駅への電車待ちの間、JRの自動販売機で売られていたサイダーを飲んでいました。


宮崎マンゴーサイダー。

宮崎マンゴーサイダー(280ml・140円)。
発売元は南日本酪農協同株式会社というところで、乳酸菌炭酸飲料の「スコール」を発売しているメーカーのサイダーです。
宮崎マンゴー果汁を1%程度使用したサイダーだそうで…
早速飲んでみました。

唖然このわざとらしいマンゴー味!

炭酸は弱めですが、マンゴーの甘味と酸味をうまく出した感じのサイダーで、飲みやすくおいしいです。
自動販売機で気軽に買えるので珍しさはありませんが、東京都内で見かけるときはあまり飲みたいと感じなかったのは何故だろう…
そんなサイダーでした。


◆信越本線ぶらり旅
信越本線ぶらり旅【目次】

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。