昨日、津軽半島にある道の駅十三湖高原に寄った際に気になるご当地サイダーを購入しましたが、栓抜きがなく結局宿まで持ち越しになったサイダーがありました。
それは…


小関商事 コセキサイダー。

青森県つがる市のご当地サイダー、コセキサイダー(340ml・155円)。
発売元は小関商事という会社です。
小さな会社のサイダーのため、流通量が極端に少なく青森県内ではつがる市周辺でしか売られていないというサイダー。
もちろんネット通販もやっていません。

宿の冷蔵庫で冷やして、栓抜きを借りていただきます。
甘味料はサッカリンを使用した昔ながらのサイダーです。
サッカリンの甘さがなんとも懐かしい感じの味をだしてくれるサイダーで、炭酸もきつくなく飲みやすいです。
ちょうど風呂上がりに飲んだこともあって、とても美味しいサイダーでした。


◆秋の津軽海峡ぶらり旅
秋の津軽海峡ぶらり旅【目次】

タグ: 【ご当地サイダー関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。