東京湾アクアラインを抜けて、木更津にやってきました。
今回は千葉県の西側はあまり観光する予定がなかったので早くも悩みます。

本日向かいたい御宿町をすぐに目指すなら、アクアラインからまっすぐ圏央道で市原鶴舞ICから向かえば早く着けますが、せっかくなので寄り道もしたい…
北に向かって道の駅いちはらや小湊鐡道沿線を通ってゆくほうがよいか、南に向かって最近オープンしたばかりの道の駅保田小学校などを見てゆくか…
迷ったけれど今回は市原経由で進むことにしました。
館山方面はまた別途観光したい時もありそうだし…というワケで次回におあずけです。


館山自動車道市原SA。

館山自動車道市原SAに寄り道してみると、アメリカンスタイルのサービスエリアでびっくり!
こういう格好いい感じのサービスエリアもまたいいものですね!
いくつか気になる商品もあったので、つい買い物してしまいました。

市原ICで降りて、ぶらぶらと道の駅を散策しながら大多喜町に向かいます。
小湊鐡道の養老渓谷方面を目指そうと思ったけれど、渋滞という情報もあったのでそこは避けつつ、道の駅ながら、道の駅むつざわを経由して道の駅大多喜を目指します。


大多喜町までやってきました。

大多喜町の道の駅、道の駅たけゆらの里おおたきに到着しました。
大多喜町といえば徳川家康の家臣、本多忠勝が治めた地としても知られます。
本多忠勝といえば猛将として知られ、愛用している槍「蜻蛉切」が天下三名槍に挙げられるほど。
そんな本多忠勝をイメージした大多喜町のゆるキャラがこちらの「おたっきー」だそうで…

唖然おたっきーってまたオタクみたいな名前でいいのか…

ちょっと名称的にはどうかなと思うところはあるけれど、こんなゆるキャラがいるそうです。


道の駅では中華まんがいろいろと。

道の駅たけゆらの里おおたきで昼食を食べよう、というワケでいろいろとみていると、昼食の他気になるものを発見!
筍肉まんの他、ウリ坊まん、ウリ姫まんとかわいい中華まんが!
これは食べたくなりますね!!


筍肉まん。

早速3種類の中華まんを食べてみました。
まずは筍肉まん(270円)からいただきます。
見た感じ普通の中華まんのような見栄え。
早速食べてみました。


普通に美味しい。

味は普通の中華まんっぽい感じ。
大多喜町産の筍が入っているそうですが、筍は小さくカットされているからか、歯ごたえはあまり感じません。
わりと普通に美味しい中華まんという感じ。
食べやすいです。


ウリ坊まん。

続いては可愛らしい風貌のウリ坊まん(200円)。
大多喜町ではイノシシがよく獲れるのでしょうか、イノシシをイメージしたデザインになっています。
中身も猪肉を使った中華まんなのだとか。
豚ではなく猪肉…さてどんな感じなのか早速食べてみました。


猪肉の中華まん。

猪肉は癖があるからなのか、醤油と生姜で煮込んで味濃いめの餡になっています。
なので筍肉まんの味を忘れそうになるほど強烈な味わいのウリ坊まん。
味濃いめで醤油と生姜の風味が感じられる中華まん。
でも思っていたよりも美味しいです。
癖のある味の肉をうまく可愛らしい中華まんに仕上げたのは素晴らしいです。


ウリ姫まん。

そして最後はウリ姫まん(200円)。
オスのイノシシがあるならメスのイノシシも…ということなのでしょう。
中身はイノシシ…ではなくあんまんだそうです。


くるみあんまん。

くるみ餡という、くるみで作った餡が入った中華まん。
甘さも濃すぎずで美味しい中華まんです。
これもまたいいですね!

3種類のご当地中華まんがあるけれど、ウリ坊まん、ウリ姫まんは一度食べておきたい、そんな中華まんでした。


タグ: 【中華まん関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。