五十里ダムも見たところで、野岩鉄道の有人駅、最後に新藤原駅に寄り道します。
バス停から徒歩2分ほどのところにあるのですぐに来ることができました。


新藤原駅。

新藤原駅では5分程度で鬼怒川温泉駅行きの電車が来るので、鉄道スタンプを押してそれに乗ろう…
という予定を立てていました。
しかし…


大量のスタンプ群。

唖然な、なんというスタンプの量…

新藤原駅のスタンプの他、野岩鉄道で過去に使われたスタンプが一堂に揃っていました。
そのためスタンプの量が多くて電車に乗り遅れてしまう事態に…
次の電車が来るまで約40分、時間が余ってしまいました。
バス停の時刻も見ましたがこちらも同じような状態です。


ハイセイコー食堂。

時間が余ったので、新藤原駅から隣の龍王峡駅まで、徒歩で散策することにしました。
歩いて10分程度の距離のため、この距離なら歩けそう。

歩いていると、沿道には気になる店がちらほら。
「ハイセイコー食堂」とかいかにも昭和の食堂で思わず二度見してしまいました。
潰れているのかな…と思ったら、なんと今日は定休日のようでした。


鬼怒川秘宝殿の看板。

龍王峡駅近くまでやってきました。
食堂などがちらほらと見える中、鬼怒川秘宝殿の看板が見えてきました。
2014年末まで営業していた鬼怒川秘宝殿。
もう閉店してしまったのに「営業中」の看板が出ていることが泣けてきます。


鬼怒川秘宝殿。

鬼怒川秘宝殿は在りし日のまま、そのままの姿で残っていました。
違うのは入り口がシャッターで閉まっていることぐらいでしょうか。
特に朽ちているワケでもなく、そのままという状態です。


昔のまま残っている。

併設されていた大人のおもちゃショップも合わせて閉鎖。
閉鎖されている割には駐車場には雪がなく、雪かきされていることが気になりますが、近隣の建物との共同使用の駐車場なのでしょうか…とも感じてしまいます。
あまりにそのままで残っていたので、ほっとしたような、がっかりだったような…複雑な気分です。


スペーシアで帰ります。

帰りは予約していた特急スペーシアに乗車して帰ります。
おいらは金色のスペーシア…日光参詣号を予約したつもりでしたが、どうやら間違ったか車両が変わってしまったようです。
残念無念…


無事戻りました。

特急スペーシアはやはり早く、1時間ほどで春日部駅まで到着しました。
ここから東武野田線で大宮まで乗車して、解散。
1泊2日の日光・鬼怒川観光も濃密な旅になりました。


◆冬の日光・鬼怒川ぶらり旅
冬の日光・鬼怒川ぶらり旅【目次】


◆関連日記
秋の紅葉・南会津の旅【鬼怒川秘宝殿篇】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。