ぶらり鬼怒川温泉まで来たので、ちょっと土産物ぐらいは見て行こうか…と思って土産物屋に行ってみると、なんだかリフォームしてカフェもある土産物屋になっていました。
これは何か掘り出し物がありそうだ…と思って店に近づいてみると、気になる張り紙がありました。


フタバ食品 レモン牛乳味まんですって。

唖然レモン牛乳味まん…だと…

栃木県のローカルドリンク、レモン牛乳。
まさか中華まんになっているとは思いもしませんでした。
発売元はフタバ食品。アイスクリームの製造で知られるメーカーですが、中華まんも製造しています。
これは気になるのでさっそく購入してみました。


フタバ食品 レモン牛乳味まん。

こちらがフタバ食品の「レモン牛乳味まん」です。
価格は200円とちっとお高めですが珍しい中華まんなので仕方ないでしょう。
店内にイートインスペースもあったので、さっそくそこでいただきます。

薄黄色の皮のレモン牛乳味まん。
色はレモン牛乳をイメージしているのでしょう。
早速割ってみました。


確かにレモン牛乳風味。

中華まんを割ると、中からレモン牛乳の香りが…
餡からレモン牛乳の香りが漂います。
ちょっと食べてみると、カスタードクリームのような感じで、そしてレモン牛乳の風味がします。
味を例えるならレモン風味のカスタードクリームまんでしょうか、思っていたよりも普通においしく食べられます。
栃木県ではなんでもかんでもレモン牛乳風味の商品が売られていますが、意外と美味しいものが多いのでアリですね!

ちなみにこの店では他にも「とちおとめまん」が売られていたけれど今回は購入せず…
また今度来ることがあったら食べてみたいですね。


◆東武鉄道沿線ぶらり旅
東武鉄道沿線ぶらり旅【目次】

タグ: 【中華まん関連記事まとめ】【レモン牛乳関連記事まとめ



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。