新幹線に乗って三島駅に到着しました。
今日は伊豆箱根鉄道駿豆線をぶらぶらと散策します。


伊豆箱根鉄道旅助け。

伊豆箱根鉄道駿豆線の1日乗車券を購入して、早速出かけましょう。
手形の形をした大きめのフリーきっぷのため、窓口で駅員に見せる必要があります。


伊豆箱根鉄道の電車。

三島駅のホームには既に電車が停車していてもうすぐ発車の状態だったので、撮影はそこそこにして早速乗車します。
思っていたよりも乗換時間がタイトだったので、急ぎましょう。


三島広小路駅。

最初に向かったのは、三島駅の隣にある三島広小路駅。
昭和3年当時の駅舎を今も使用していて、木造駅舎というよりはたくさん鉄骨を使った駅舎で味わいがあります。
駅前には商店街が広がっていて散策のしがいはありそうですが、伊豆箱根鉄道は約15分に1本とわりと本数が多め。
そのため遠出することはなく、今回はさらに先に進みます。


大仁駅。

続いては大仁駅で下車しました。
駅前には足湯があり、気になったけれどタオルを持ってなかったので今回は我慢です。
また、大仁駅から伸びる道は、かつて長嶋茂雄が現役時代に自主トレのために通った道として「長嶋茂雄ロード」という名前で呼ばれているとか。


修善寺駅。

さらに先に進んで修善寺駅に到着しました。
修善寺駅には以前南伊豆旅行の時にも寄ったところなので、今回はそこまで観光の予定はなく…
折り返しの電車が発車するまでの間、駅周辺をぶらっと見た後は折り返しの電車に乗って三島方面に戻ります。


韮山駅。

次に寄ったのは韮山駅。
世界遺産の韮山反射炉の最寄駅…と思っていたら、実は隣の伊豆長岡駅が最寄駅でした。
いい感じに静かな駅前で、駅舎も駅前にある駄菓子屋も昭和の香りがムンムンするところ。
実に絵になります。

ちょうど韮山駅前から無料で参加できるウォーキングラリーが実施されていたので参加することも考えましたが、せっかくなのでここから韮山反射炉まで歩いても良かったのですが、今回の旅行の一番の目的はロープウェイ!というワケで伊豆長岡駅に向かいます。


◆伊豆箱根鉄道駿豆線とラブライブ!サンシャイン!!の旅
伊豆箱根鉄道駿豆線とラブライブ!サンシャイン!!の旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。