おいらが仙石線沿線をぶらぶらしている間、あかり姉さんは仙台駅から東北本線経由で鳴子温泉に向かっていました。


鳴子温泉駅。

鳴子温泉は過去に何度か訪れているけれど、豊富な泉質があり、色々な温泉が楽しめます。
草津温泉もいいけれど、鳴子温泉の泉質も数多くの泉質があって個人的にはかなり好みです。
また、駅前をはじめ町のあちこちに足湯があるので、足湯を堪能するのも悪くない…
というワケで、あかり姉さんは足湯メインで回っていました。


足湯下地獄源泉。

鳴子温泉の足湯で最もおすすめなのは、観光ポスターでも使われている、こちらの足湯下地獄源泉です。
場所は早稲田桟敷湯の裏あたりにある足湯で、近年完成したばかりの足湯とのこと。
そういえば過去に来た時に手湯だけあった広場にさらに足湯ができたようですね。


新しくて良い足湯。

今日は土曜日ということで観光客は多いはずが、たまたま運が良かったのかこちらの足湯がほぼ貸切状態に…
そのためじっくりと足湯に入ることができたとのこと。
今日は天気も良いにもかかわらず、人気の足湯を貸切できるなんて運がいいですね!


温泉たまごも作れる。

そして気になったのが温泉たまごの製造機。
生たまごをお湯の中に入れてしばらく待つと温泉たまごができるそうで…
とはいえ生たまごを売っている場所はなく、観光客用というよりは地元の人向けという感じですね。


撹拌して入る足湯。

他の足湯であかり姉さんがお気に入りなのはこちらの足湯。
源泉が無造作に流れている足湯で、適当にブラシで撹拌してから入るというもの。
鳴子温泉に来ると毎回入っているという足湯です。
日によって熱かったり冷たかったりと安定しませんが、それはそれでまたよいものです。


鳴子といえばこけし。

鳴子といえばこけし。
郵便局のポストがこけしになっていたりと面白いですね。
街中にもこけしがあちこちにあって、温泉だけでなくこけしの町という感じです。

足湯に入ったり日帰り湯に入ったり…
あかり姉さんもしっかりと堪能していました。


◆ノープランで宮城県旅行
ノープランで宮城県旅行【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。