旅行3日目は秋田県南部のにかほ市からスタートです。
今日は月曜日で世の中的には平日。
実は平日のみ営業の駅があるため本日が今回の旅行のメインイベントでした。


金浦駅。

まず向かったのは金浦温泉から程近い金浦駅。
こちらは平日のみということはありませんが、営業時間が短いので本日に寄せていました。
続いては羽越本線の上浜、小砂川と巡ったのですが、現在は無人化されてしまっていました。
かつては平日のみ営業の駅だったので出鼻をくじかれました。


庄内空港。

一気に南下して山形県に入ります。
遊佐、酒田と寄りつつ庄内空港へ。
空港にも記念スタンプがあるところも多いのでしっかりと巡りたいところです。


古口駅。

そして道の駅をいくつか寄りつつ、陸羽西線沿いを走ります。
向かうは古口駅です。
駅に着いたのは良いけれど、駅員さんは不在で営業しておらず…
どうやら列車が来る時のみ駅員さんがいる駅のようで、しばらく待ってスタンプを押すことができました。


芦沢駅。

そして今回の最大の目的だったのが山形線の芦沢駅。
平日の午前中のみ営業の駅というだけでもかなり難易度が高い駅です。
しかもこちらの駅のスタンプにはこだわりがありました。


芦沢駅のスタンプ。

芦沢駅のスタンプは銀山温泉をイメージしたスタンプです。
このままでも良い感じのスタンプですが、さらにこの上からスタンプを押すことで…


重ねてのスタンプが。

雪が降り積もる銀山温泉のスタンプに変わります。
さらに、右側で歩く人がカップルになり相合傘を差すというこだわりのあるスタンプ。
難易度の甲斐があるスタンプという感じです。


真室川駅。

北に進んで奥羽本線の真室川駅を目指します。
こちらも平日のみ営業の駅でこちらもスタンプがあります。
周辺の無人駅のスタンプもあり、これで院内から新庄までの間のスタンプも押すことができました。

3日目の行程は芦沢駅に午前中に到着する、ということでかなり計画をしていたので予定通りに回れてホッと一息のおいらでした。


◆東北地方の鉄道ぶらり旅
東北地方の鉄道ぶらり旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。