東北地方のスタンプを巡っているおいら。
陸羽西線を通って新庄駅に到着しました。


新庄駅。

新庄駅は山形新幹線、奥羽本線、陸羽西線、陸羽東線とたくさんの路線が集まるターミナル駅です。
ここで軽く休憩した後は、陸羽東線沿いに古川駅を目指します。


最上駅。

まず向かったのは最上駅。
こちらには陸羽東線の無人駅のスタンプが置かれていたのですが、ゴールデンウィーク明けぐらいにスタンプをJRに返却してしまったとか。
そのため押せなくなって悲しい限りです。


鳴子峡。

さらに進んで鳴子峡に到着しました。
紅葉のシーズンが始まるので見れたらいいなと思っていたけど、世の中そんなに甘くなく、渋滞ができ掛かるぐらいに混雑していました。

唖然平日なのにこれかよ…

有料駐車場は満杯で諦めたところ、なんと無料駐車場が空いていたのでそれ幸いと駐車します。

鳴子峡といえば陸羽東線の列車がトンネルから出てくるところが見どころですが、ちょうどダイヤ的にはあと数分で見られるとのこと。
せっかくなので待っていると…


陸羽東線の列車。

唖然やってきた!

かなりノロノロと運転している陸羽東線の列車。
鳴子峡が景勝地ということもあるからか、普通列車でもゆっくり走行をしているようです。


トンネルに入ってゆく。

おかげで列車の写真も撮りやすく撮影ができました。
次の列車は2時間近く後らしいので運良く撮影ができました。


鳴子峡レストハウス。

せっかくなので鳴子峡レストハウスにも寄り道します。
トイレ休憩のみにしようと思いましたが、土産物の売店と飲食店は人が多くて大混雑になっています。
平日でこれなのだから、土日だともっと大変なことになりそうです。


ここにもタピオカミルクティーの波が。

レストハウスなのできのこ汁とか豚汁とか田舎そばなどが売られているのですが、個人的に気になったのがタピオカミルクティー。
まさか観光地に来てまでタピオカミルクティーを頼む人がいるのか…とか思ってしまいました。


鳴子御殿湯駅。

鳴子峡の観光を楽しんだところでさらに東に向かいます。
日帰り温泉に入ろうと思い鳴子温泉駅に向かうものの、かなりの混み具合が予想されたので今回は向かわず、隣の鳴子御殿湯駅を目指します。
鳴子御殿湯駅は以前訪れたものの駅窓口が休みで断念した覚えがありますが、今日はどうでしょうか。


鳴子御殿湯駅のスタンプ。

唖然やったー! 営業してた!!

今回の訪問では営業していたので無事にスタンプを押すことができました。
営業日が不定期の駅なので無事に押せたのは本当にラッキーでした。


古川駅。

さらに進んで道の駅に寄り道したりして、古川駅に戻ってきました。
予定よりも早い時間の到着になったけれど事故なく移動できたのでそれに越したことはありません。
今回の旅行では約800kmを走行となかなかの距離になりました。


◆東北地方の鉄道ぶらり旅
東北地方の鉄道ぶらり旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。