自動販売機のハンバーガーを堪能したおいらですが、せっかく黒部市まで来たのだからネットで話題のコンビニにも寄ってみました。
富山地方鉄道沿いだからそんなに遠くないよね…とか考えていましたが、実際には結構遠くて難儀しました。


立山サンダーバード。

到着した時には既に夜近くになっていました。
こちらがネットやテレビ等でも話題のコンビニ、立山サンダーバードです。
ぱっと見た感じだと特別変わった店ではありませんが、何が特徴的なのでしょうか。


怪しげな自販機。

まずは店外にある自動販売機を見てみましょう。
「お味噌汁 永谷園」の文字と中央に永谷園の味噌汁の缶があるのですが、その両脇はコカコーラとペプシコーラで埋められています。
これだけでも何をやっているのかと思うぐらいのインパクトのある構成です。
なんとも面白い自動販売機です。


カップ麺コレクション。

自動販売機をこんなラインナップにするのだから、当然ながら店内も面白いです。
全国いろいろなカップ麺を取り揃えているのも大きな特徴です。
どん兵衛や赤いきつねの西日本、東日本版の両方を仕入れているのはなかなかの強み。
他にも地域限定のカップ麺があって見ているだけでも楽しくなります。


面白いおにぎり。

そして名物はおにぎり・パンのコーナー。
こちらには立山サンダーバードの独自のものが売られていて、そのラインナップがなかなか面白く…

唖然くま、しか、いのしし…!?

狩猟で獲れた獣肉をおにぎりにして販売しています。
世の中はジビエブームとはいえ、こういうおにぎりが売られているのはインパクトがありますね。


面白いサンドイッチ。

そしてサンドイッチもなかなかのインパクトがあります。
おでん、天津飯、炒飯と餃子、チーズタッカルビ…とこれまたサンドイッチの具には似つかわしくないものが並んでいます。
ちなみにこの店はヤマザキショップでもあるようで、サンドイッチにはヤマザキのパンを使用しています。


アポロチョコのサンドイッチ。

今回はネットでも話題になっている「月へ行こう!」のサンドイッチと油淋鶏のサンドイッチを購入しました。
油淋鶏のサンドイッチはパンで油淋鶏を挟んだサンドイッチでこれはこれでインパクトがありますが、この「月へ行こう!」のサンドイッチはどう見てもあのお菓子がサンドイッチで挟まれています。

このままで食べるとチョコの固さの食感が楽しめたりするし、ちょっとだけレンジで温めるとチョコレートが溶けて馴染むとか…

唖然いやアポロやし…

ちなみにきのこたけのこチョコというサンドイッチもありますが、推して知るべしです。

インパクトがある商品ラインナップでじわじわと話題になりつつあるローカルコンビニ、立山サンダーバード。
1990年代からあったそうですが、今になって評価されているのはなかなか面白いものですね。


※立山サンダーバード

住所:富山県中新川郡立山町横江6-1
TEL:076-483-3331


◆富山帰省とグルメ旅
富山帰省とグルメ旅【目次】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。