信濃大町駅からさらに北上して白馬駅を目指すおいらですが、せっかくなので1ヶ所寄り道をすることにしました。


海ノ口駅。

寄り道したのは海ノ口駅。
仁科三湖の1つ、木崎湖のほとりにある無人駅です。
景色も綺麗で味わい深い無人駅ですが、この駅の大きな特徴といえば…


おねてぃグッズはいまだ健在。

アニメ「おねがい☆ティーチャー」シリーズでも登場した駅舎です。
そのためか駅舎内にもアニメのグッズが飾られていたり色紙や駅の交流ノートがあったりします。
とはいえ、グッズが無尽蔵に置かれてはおらず、決められたスペースに限られています。
いくら聖地といえどなんでもありということはなく、整理されています。
アニメ放送からもう10年以上になりますが、いまだアニメの聖地として訪れている人も少なくないのはすごいことですね。


白鳥の見える渚の駅。

ちなみに出入口には新たに「白鳥の見える渚の駅」という看板が設置されていました。
ホームから木崎湖が一望できることもあってかこのような副題がついたのでしょうか。


海ノ口駅ホーム。

海ノ口駅のホームも綺麗に整備されています。
ホームのベンチがいつの間にかリニューアルされてる…と思いましたが、無人駅でもそれだけ観光客が来ているのでしょう。
「おねがい☆ティーチャー」シリーズの聖地巡礼関係なしに木崎湖が綺麗に見えたりしていいところです。


すぐ近くの踏切。

ちなみに海ノ口駅のすぐ近くにある踏切からは、踏切のあたりが小高い丘になっていて踏切からすぐに木崎湖が見えるような景色になっています。
この日は釣りのために車を停めている人が多かったようですが、木崎湖と踏切、さらに電車が来ればなおいい感じになりますね。


緑川商店。

せっかくなので駅近くにある緑川商店にも寄り道してみました。
こちらも「おねがい☆ティーチャー」シリーズの聖地として知られているお店です。
店内にあるイートインスペースではうどんやおやきを食べることができますが、縄文おやきのアピールがすごいことに…
縄文おやきというのは長野県小川村で製造しているおやきのブランド。
長野駅でも販売しているブランドおやきの販売店になっていました。


おねてぃポスターも。

昔ほど展示物は多くありませんが、それでも未だ残るおねてぃグッズ。
色あせている物もありますが、いまだ残っているのも素晴らしい限りです。


サイン色紙もいろいろ。

昔に比べるとおねてぃコーナーは縮小されているものの、まだ残っています。
そしてポッキーも売られていて思わず買おうかどうか迷いましたが、暑い日だったので間違いなくチョコレートが溶けそう…というワケで今回は断念しました。
昔は夏の時期は冷凍庫にポッキーが入っていて、冷やしポッキーを楽しめたのですが見つからず…
もしあったら即購入していました。


ろんぐらいだぁす!の聖地でもあるらしい。

また、アニメ「ろんぐらいだぁす!」でも木崎湖が登場しているようで、その聖地の1つとしても知られているようです。
なのでおねてぃファンだけでなくろんぐらいだぁす!ファンも訪れるようになってる緑川商店。
アニメの聖地の店としてまだまだ健在でした。


◆週末パスで長野観光
週末パスで長野観光【目次】


◆関連日記
「おねがい☆ティーチャー」を訪ねる大糸線の旅2011【海ノ口駅篇】
「おねがい☆ティーチャー」を訪ねる大糸線の旅【海ノ口駅篇】

ブログ記事まとめ




※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。