せっかく富山に帰省してきたので、前々から行きたかったところにいろいろと出かけてきました。


道の駅雨晴。

まずは道の駅雨晴に向かいます。
昨年オープンしたばかりという道の駅。
思っていたよりも狭いものの、それでも売店があり喫茶店がありとなかなか繁盛しているようです。


雨晴海岸から立山は見えたけど。

繁盛している理由は、よくテレビなどでも登場する義経岩を一望できるところにあるから。
天気が良いとこのあたりから富山湾を挟んで立山連峰を見ることができます。
この日も一応見えていたのですが、携帯電話のカメラだと映らずじまい。
やはりカメラの性能的に厳しいようです。


氷見線の列車。

しばらく見ていると、氷見線の列車も走ってきました。
氷見線には「ベル・モンターニュ・エ・メール」という観光列車が走っているため、それをここで撮れたらいいな…と思うところ。
ただ今回は時間帯が合わず見れずじまい。
前回は城端線に向かうベル・モンターニュ・エ・メールに乗ったけれど、今度は氷見行きの列車にも乗りたいですね。


雨晴駅にも寄り道。

せっかく氷見線沿線にいるので、氷見駅から順に駅を散策してスタンプを押して回ってきました。
数年前にスタンプが追加されて、現在では氷見、雨晴、伏木、越中中川にもスタンプがあるため、せっかくなのでぐるっと回ってきました。
昔ながらの「わたしの旅スタンプ」が残っていたりと驚かされることもありますね。


高岡やぶなみ駅にも行ってみた。

そしてせっかくなので昨年開業した高岡やぶなみ駅にも寄り道してみました。
まだ新しい駅舎で、近くにはニュータウンができていました。
これからどんどん住宅が建って街ができるのかな…と感じさせる駅でした。


◆関連日記
大雪の中富山帰省旅行【べるもんた篇】



※ 当サイトの各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。
※ 当サイトの情報は執筆当時の情報を元にしているため、現在の内容とは異なる場合があります。